デザイン|【公式】千住 ザ・タワー|「北千住」駅徒歩3分・超高層30階建・制震タワー|三菱地所レジデンス、三菱倉庫株式会社、杉本興業株式会社が贈る新築分譲マンション

image photo

外観完成予想CG

記憶をつなぎ、緑をつなぎ、人をつなぐデザイン

宿場町の記憶を受け継ぎ、
街全体の魅力を未来に発信する意匠設計。

建物デザインの基本的な考え方として、宿場町千住の記憶を継承する色彩・デザインを追求。
現地周辺に存在する、かつての面影を伝える商家や寺社建築から伝統的デザインのエレメントを受け継いでいます。
たとえば建物高層部は、縦格子をモチーフとした柱のデザインにより、伸びやかなフォルムを創出。低層部には、
木調や瓦調の素材を選定し、和の佇まいを魅せると共に、羽目板貼り風の意匠を取り入れて重厚感を演出しています。

住まう方々を雅趣豊かにもてなすエントランスアプローチ

質感のある黒いタイルをあしらった重厚な柱の連なりと、メタル素材をほどこした天井の意匠により、住まいの表玄関にふさわしい“門構え”の堂々たるアプローチ空間を創出。エントランスへのアプローチには、壁に石調大判タイルを贅択にあしらうなど、お住まいになる方々を雅趣豊かに迎えるデザインをほどこしました。

建物外観完成予想CG

駅徒歩3分の地に、緑豊かな景観を創造するランドスケープデザイン。

「北千住」駅に近接するポジションに、往来の寛ぎを演出する豊富な植栽を設え、潤い豊かなまちづくりに貢献したいと考えました。
具体的には、駅からのアプローチとなる北側道路に面して、四季折々の樹木が潤う植え込みを設け、季節感豊かな景観を創造。また、敷地西側の商店街に面して、地域に開かれた広場空間を配置するとともに、広場の南側にもボリュームのある植栽を配し、緑の背景の中で人々が賑わう、心地よい景観を演出します。

敷地配置イラスト ※計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、周辺道路・建物等は簡略化しております。

新たな賑わいを創出する、地域に開かれた広場空間。

千住本町商店街に面して、商業施設のエントランス空間となり、地域に開かれたオープンスペースとして新たな賑わいを創出する広場空間を配置。シマトネリコをはじめとする緑量豊かな植栽と、ガラス張りの洗練された建築デザインが融合し、人々が集まる華やぎのある風景を演出します。

人々を惹きつける四季の彩り豊かな植栽計画。

春の訪れを告げるトウカイザクラ、初夏を彩るヤマボウシ、アジサイ、秋の紅葉が美しいイロハモミジなど、四季折々に目を楽しませてくれる植栽計画を採用しました。

トウカイザクラ
シマトネリコ
イロハモミジ
トキワヤマボウシ
ナンテン
アジサイ

※植栽写真は全て参考写真です。植栽は計画段階のものであり、樹種等が変更になる場合があります。

回遊性のある歩行者動線を描き、散策も楽しい露地空間を演出。

建物周りは地下駐車場の入り口部分を除き、すべて歩行者空間となっており、樹木の彩りを楽しみながら周回することが可能です。
魅力的な露地が多く残されている北千住の街のアイデンティティを受け継ぎ、散策も楽しい露地空間を創造します。

建物外観完成予想CG

「地域への貢献」を主眼としたマスタープランとデザイン計画。

現存する横山家住宅などに見られる縦格子の意匠と、寺社建築に見られるシンメトリーがデザインの特徴です。
人とモノが集まり、有機的に結びつきながら活力を創出している千住の街と呼応しながら、
界隈性のある露地空間を生み出すとともに、街のシンボルとなる景観形成を追求しています。

株式会社梓設計
コンサルティング部門
都市開発ソリューション部
一級建築士 再開発プランナー
菅野 聡明
左:デザインのモチーフとした旧横山住宅の縦格子(約660m・徒歩9分/2017年6月撮影)
右:建物外観の縦格子デザインイメージ

株式会社梓設計 作品事例

北千住駅西口地区第一種市街地再開発事業
(千住ミルディス)[2004年]

東京国際空港国際線旅客ターミナル
[2010年・梓設計他JV]

埼玉スタジアム2002
[2001年]

和と調和をもたらす素材を吟味。

「和」を感じさせるとともに、周辺の街並みとの「調和」をもたらす木調や瓦調の素材や、
格子風のラインを生成するデザインパネルなどを吟味して採用しました。

建物使用素材
※写真の色合い等は実際とは多少異なります
建物外観完成予想CG ※計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、周辺道路・建物等は簡略化しております。
※敷地には一般に公開する空地が含まれており、神社祭礼等に利用されるほか居住者以外の第三者も利用または通行できます
※店舗壁面・ガラス面には看板が設置されるほか入口付近には移動型看板等が設置される予定です。また、敷地内に2018年10月現在撤去中の鴎外碑が設置されますが、位置等については未定です。